iPhone対抗馬

iPhoneの対抗馬となるスマートフォンは、Android系の機種になります。世界ではAndroidスマートフォンの所有者の割合の方が大きくなっていることもありますし、Android系のスマートフォンの方が優れている部分も多くあります。その為、日本人の中にも好んでAndroid系のスマートフォンを愛用している方が徐々にですが増えてきています。

そんなAndroid系のスマートフォンの中でも、特に日本人に愛用者が多くなっているのが韓国のSamsung Electronicsと中国のHuaweiの2社です。日本だけでなく世界のスマートフォンシェアを見てみても、1位がSamsung Electronics、2位がHuawei、そして3位がAppleとなっており、多くの方が魅力的に感じていることがわかります。

Samsung Electronicsは、Galaxyシリーズの人気が好調で、非常に高い性能を誇るスマートフォンを次々と世に出していります。一時期はバッテリー問題などがありましたが、現在では世界中に多くのユーザーを抱える一大企業になりました。Huaweiは、iPhoneやGalaxyシリーズと違い、非常に高いコストパフォーマンスを誇るスマートフォンを販売していることで人気があります。Huaweiにもハイエンドモデルがありますが、コスパの高い機種が好んで選ばれる傾向があります。